初期ETCカードと車載器

ETCカードあれこれ

未来を感じたあの時

初期ETCカードと車載器

ETC(ノンストップ自動料金支払いシステム)が導入された時、ETCカードと助手席を見るやいなや、新しもの好きの友達はすぐにETCカードとETC車載機を手に入れていた。

その時に、友達の助手席に乗っていて感じたのは、高速道路の料金所付近で止まって並んでいる車に対して、ETC搭載のこっちの車は、止まることなく料金所を後にしたということだ。

あのETCレーンのゲートが開いたあの瞬間、何か月並みな言葉だけども未来への扉が開いたような気がした。

映画館で初めて「ジュラシックパーク」を観てCGに驚いたり、最近ではジェームスキャメロンの「アバター」観て3Dに呆気にとられたりといった自分がドラえもんの未来に繋がっているような気がしたものです。

と、同時にETCカードと車載機を自分がいつ手に入れられるのかと思った。

自分が権力を持ったわけてもないのに、話できくVIPのように庶民が並んでいる所を並ばずに入るようなそんな上から目線になった自分にも腹が立ったものだ。

現在は初期に比べてかなりの人間がETCカードを使っている。

レンタカーなんかにも使えるから一家に一枚あればかなり便利だと思う。

車載機も最初はエラーなんかの問題があったが今ではかなり改善されたようだ。

あのとき感じた未来に向かってさらに進化をとげているようだ。

ETCカードあれこれ Copyright (C) www.baladeenpaysbriard.com. All Rights Reserved.